投資信託

2017年10月 9日 (月)

まだまだ勉強不足

今日、愛読させていただいているブログ、親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆
で僕が積立nisaに対する正しい知識が書かれてありました。

そうなるとやはり株式に特化して買った方が良い訳か・・・。
野村つみたて外国株が注目される理由が分かりました。

でも松井証券で取り扱うのはまたずっと先なんだろうなぁ。
やっとポートフォリオが安定してきた僕としては、今の銘柄を購入していきたけど、
積立nisa対象銘柄に買えた方が良いのかしら。。。

ところで、以前、国内株式のtopixと日経225を批判しましたが、
今度は神戸製鋼で不祥事が発覚です。
きっとこれでも日経225に居座り続けるのでしょう。

つみたてNisa

私が投資信託を買っている松井証券やセゾン投信でも積立Nisaの案内が始まりました。

当初セゾン投信で・・・と考えていたものの、
そもそも積立NISAの口座をつくる必要があるのか、少し悩んでいます。

なぜなら利益に対して非課税というだけなので、途中でリバランスしたり
スイッチングしない限り、ずっと積立しながら保有すれば
そもそも課税されるものがないからです。
(松井証券の投信工房は購入時に分配金を出さない選択が可能)
途中で売却することも考えていないですし。

しかも松井証券の投信工房はリバランス積み立てが可能なので、
実質スイッチングの際に限定されます。

セゾン投信にいたっては、リバランスはお任せ、スイッチングするにも
商品は2本しかないですし・・・。

ということは、積立nisaというやつは、積立たは良いが、
将来(20年以内に)やむなく現金が必要になった場合に税金がかからないように
してあげる、といった制度なんじゃないでしょうか。
(もしくは20年以内に解約する前提とか。。。)

5年後、10年後と株式比率を変えて資産運用の戦略を練ることもあるでしょうが、
ホールドしつつ、リバランス積立をすれば問題ないですしね。

その現金が必要になった場合というものが、
子供の進学費用とか車とか、そういったケースを想定しているのだとすると、
何名かの投信ブロガーさんがお勧めしている
野村つみたて外国株投信よりは、リスクが低い債券を含むバランスファンドの方が
リスクが低くて良いんじゃないかな~と、
個人的には思うのですが、どうなんでしょうか。

でもそう考えると、セゾン投信の商品には信託財産留保額が設定されているのは
マイナスな気がします。

ところで、個人的に気になる楽天全米株式とifreeのS&P500の追加を
松井証券にお願いしてみたところ、両銘柄とも検討すらされていないそうで(悲)

まぁ、そもそも楽天からは楽天投信投資顧問(株)自体から話が来ていないそうです。
ifreeも全く扱っていないことは自覚されているようで、
上申しておきます、と言っていただけました。
最近立て続けにアクティブファンドが増えましたが、こういった顧客の要望を
反映した側面もあるようですね。

なので松井証券の投信工房で積立中の方で、買いたい銘柄が無い!と思う方は
しつこくない程度に直接要望してみるのも手かもしれません。

2017年9月 1日 (金)

日本株はアクティブファンドだけで良い気がしてきた

まずはサッカー日本代表のロシアW杯出場、おめでとうございます!
僕はというと、昨日は娘の気を引くのに精一杯で、うっかり試合があったことを
忘れていました。(報道で勝ったことを知ったくらいです)

批判を受けながらも、W杯出場がかかった一戦で世代交代を実行するなんて、
なかなか出来るもんじゃありません。
ハリル監督は本戦も続投されるとの事。
期待したいですね。

さて、本題です。

僕は日本株のインデックスファンドならより分散投資できるTOPIXを買うべき、
という風潮の中、たわら日経225を積み立てていました。
なぜかというと、東証1部上場企業とはいえ、投資価値がある企業って
どの程度あるのだろう?という疑問があったからです。

株主優待目当てに株を買う人以外、誰が買うの?という銘柄も
多いと思います。

愛読させていただいている、たわら男爵さんが最近TOPIXのベストファンドを
紹介されていましたが、その中で
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドの銘柄数が少ないという
指摘をされていました。

インデックス投資家は指数と共に生き、指数と共に死ななければならない。
という以前書き込まれた哲学に基づいているのだと思うのですが、
でも、投資を始める理由ってそもそも資産を増やしたいからですよね。
そこで沸く疑問が上記の通り、
日経225やTOPIXに買う価値がある企業がどれだけあるか?
ってことです。

そういえば、自分は日経225の構成銘柄をよく知らないなぁと思い、
調べてみたところ・・・

出た。。。


三菱自動車・・・。

こんな社会にとって悪でしかない、クソみたいな会社
未だ日経225の構成銘柄に含まれているとは驚きです。
不正の塊みたいなクソ会社に無知とはいえ間接的に投資していたとは・・・
我ながら情けない。


最近テレビCMを厚かましくも流していますが、不快で仕方ありません。

本当に日本経済って新陳代謝が悪いなぁ。

というわけで、日経225もTOPIXも買う価値があるとは思えません。
かなり偏った見方かもしれませんが国内株の投資信託を買うなら
アクティブファンドが一番な気がしてきました。

ただ、もうちょいコスト安くならんかな~ってところですね。

2017年7月31日 (月)

ピクテ式投資セオリーを読んで

iTrust シリーズの積立を少しずつ初めた私。

一昨日ふらっと立ち寄った近所の本屋に
「211年の歴史が生んだピクテ式投資セオリー」という
本があったので何てタイムリーな・・・と思ってつい買って読んでみました。



正直なところ、iTrustを知るまではピクテ投信投資顧問という会社自体、
名前すら聞いたことがありませんでした。

Chapter1ではピクテ投信の紹介や哲学が述べられています。
そこには一部で?ぼったくりレベルファンドと言われる
面影は無いように見える(フェラーリのエピソードは少し疑問に感じましたが)
のですが、個人的に面白いと思ったのが、以下の文章。

「当社でも、お預かりしている金額が多いトップ3は、
1位・ピクテ・グローバル・インカム・株式ファンド(毎月決算型)、
2位・ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)、
3位・ピクテ資源国ソブリン・ファンド(毎月決算型)となっており、
すべて毎月分配タイプです。

どうやら日本の個人投資家は、ほとんどの資金を
預貯金に置くという堅実さを持ちながら、投資をするときにはリスクを取って
狭い投資対象に集中して投資するという傾向も持ち合わせているようです。
リスクが好きだから、というわけではなく、分配金の多さを追うことで
結果的にハイリスクの投資対象のファンドになっていた、
というのが正しいかも知れません。
(211年の歴史が生んだピクテ式投資セオリーより引用)」

おい。

って言いたくなります。

それでも中身は初心者の私にも分かりやすく、
資産の全体設計の構築や長期投資と
分散投資(分散マジックと呼んでいるらしいです)の考え方を説明してくれています。

上記で売れているファンドについて抜粋して書きましたが、
235頁辺りで運用会社とアドバイザーを選ぶ前に
自身での全体設計の方針の重要性を説いています。
でないと、売れ筋を勧められるだけってことですね。

Chapter6の終盤でitrustの紹介です。
著者で日本法人代表取締役社長の萩野氏が指揮を取り、
総監修したそうです。
ピクテ投信投資顧問としても力を入れているということなんでしょう。

ちなみに私が松井証券で投資信託を買い始めた頃に勉強のつもりで買った
竹川美奈子氏著「はじめての「投資信託」入門」という本があって、



そこにはアクティブファンド選びは
P-CCAPの法則を使おうと書かれているのですが、
残念ながらASSET(資産の流入量)、performance(運用成績)については
まだまだこれからというところ。
欲を言うならcostもかな?
竹川氏の言葉を借りるなら、僕はまさに「勇み足」というところなんでしょう。。。
新規設定やテーマ型にも手を出すなって書いてますしね。

期待を超える結果を出して、否定的な評判を覆していただきたいものです。

2017年7月30日 (日)

投信工房 21銘柄追加

松井証券の投信工房が新たに21銘柄を追加しました。
ただしアクティブファンドだらけです。

昨年末に投信工房が登場したときは、
低コストインデックスファンドのみの取り扱いで
多くの投信ブロガーさんが称賛されていましたが、今ではどうなのでしょうか。

個人的にはアクティブファンドを全て否定する側ではないので、
追加自体は構わないのですが、投信工房に追加されるファンドは
安心して投資できる、ぼったくりファンドゼロであって欲しいと願っています。

個別に全て見たわけではないのですが、コスト高いですね。。。

購入手数料をゼロにしたといっても、うぅむという感じです。
(ジェイリバイブを買っているお前が言うなといわれそうですが)

素人の私から見てもどうなの?というのが
三菱UFJ NASDAQオープンやJASDAQオープンのように
購入できる期間・信託期間が設定されているファンドや
次世代米国代表株ファンド(愛称:メジャー・リーダー)のように
年数回も決算があるファンドです。

選定理由が知りたいなぁ。

そんな中、個人的に前から気になっていたのが
iTrust 新興国株式です。

アクティブファンドで、かつ、新興国株式で1.167%の信託報酬というのは
個人的には結構がんばっている方ではないかと思います。

とはいえ治安が悪かったり、名誉殺人とかこういうニュースとか読むと
信じがたいほど野蛮な風習や未整備な法制度があったりと、
本当にいろんな意味で途上国なので、積立比率としては
微々たる額からスタートしたいと思います。

というわけでポートフォリオ少し変更しました。
iTrustのバイオとロボは性懲りもなく継続しています。
わくわく感というか、ちょっぴり夢が欲しいのです。。。

でも、投信ブロガーさんお勧めの本などを読むと
考えがまた変わるかもしれません。。。

ニッセイグローバルリートインデックスは積立を止めました。
カンチュンドさんのREITの宿命、3つあげますを読んで、
REITが何なのか、何に投資しているのかよく分からなくなったからです。
分からんものにさすがにお金は出せませんよね。。。


_0730_3



2017年7月 3日 (月)

松井証券に問い合わせてみた

私、天秤のハザマは松井証券で投資信託を積み立てています。

最近、ピクテ投信のItrustの個別積立を始めたことを書いたのですが、
個別積立なので、目標ポートフォリオとは別物として考えていたのですが、
オリジナルのポートフォリオをリバランスしようとすると、積み立て始めたばかりの
itrustを売却と表示されたので、ポートフォリオを構成しているファンド内だけで
リバランスできないか、問い合わせてみました。

結果、今のシステム上、出来ないことがわかりました。

どうやらポーティフォリオとは別に積み立てていても、資産全体の残高の中に
含まれている以上、目標ポートフォリオをオーバーしていると、売却という選択に
なるようです。

買うなら個別ではなく、ポートフォリオで組み入れて買うのが正解ぽいですね。

でもインデックスファンドで構成した、今のポートフォリオをいじりたくない。。。
アクティブファンドだけでポートフォリオを作れないものか。。。

ということで、続けて質問。

ポートフォリオは一人1つまでですか?

という問には、やはり一人1つまで、ということでした。
予想通りだったのですが、この問い合わせは結構多いそうです。
貴重なご意見として賜りますと、丁寧に回答していただきました。

ついでにもう1件、
子供NISAは対応していないですよね?

こちらも未対応ということで、回答をもらいました。
対応する予定も今のところなさそうです。

松井証券の受付の方にはとても親切に対応していただきました。
素人な上に説明下手な僕の問い合わせにきちんと対応していただき感謝です。

さて、itrustの扱いをどうしようかな。
ノーロード投資信託徹底ガイドで徹底的にこき下ろされているのをみると、
ちょっと悩みます。
サテライトとして購入するのもちょっと躊躇うようになりました。
実際、同じリスクを負うなら、セゾン投信の資産形成の達人ファンドの積立額を
増した方がよほど健全ですよね。。。

2017年6月21日 (水)

のんびり行くか、攻撃的になるか

松井証券セゾン投信で投資信託の積立、確定拠出年金をSBI証券で積み立てています。

ここ最近、少なくとも50歳になるまではもう少しリスクをとって良いんじゃないか?
と思い、少々前のめりになってきました。

元々確定拠出年金ではインデックスファンドの他にひふみ年金を
積み立てていましたが、ポートフォリオにジェイリバイブを追加。
さらにセゾン投信では資産形成の達人ファンドの積立を再開、
松井証券でもピクテ投信のitrustロボとバイオを小額ですが、個別積立を開始しました。

それぞれテーマ型ファンドである点、itrustバイオは純資産総額の伸びがいまいちな点、
(繰上償還の条件にも達していない)など気になる点もありますが、
ロボもバイオも今後の先進国を支える分野だと思うのです。

因みに僕はトヨタなどの世界的企業でさえ、自動車産業の未来は
見通せなくなってきていると感じています。

全てはガソリンエンジンから電気モーターへの変換による車のパソコン化です。
トヨタが燃料電池の特許技術を数年前に開放しましたが、
海外の自動車メーカーは電気自動車一択でした。
これまで培った内燃機関の技術を放棄し、部品を組み合わせて作るパソコンのような
代物に今後なっていくのではと、危惧しています。

車好きの私にとっては辛い現実ですが、
そういう意味ではマツダなどは希少な存在になる気がします。

さて、未来はどうなることやら。。。
人間の仕事は大きく変わっていくのでしょうね。

僕はというと・・・、60までにのんびり老後を送れるだけの資産形成ができるといいなぁ。

※私見に基づいて書いています。
  投資は各自自己責任で。

2017年4月23日 (日)

松井証券(投信工房)ポートフォリオ変更

Siteid

我が家は谷川建設で建てたのですが、昨日点検後に気になっていた部分をお願いして補修を行ってもらいました。
Mさん頼りにしてます。

さて、ひふみプラスをポートフォリオに組み込むかどうか、迷っていたのですが、
結局入れませんでした。
今はこんな感じ。

信託報酬.2868%。
たわらばっかりになっちゃったけど。


2


iDeCoで積み立てているのにわざわざ信託報酬が高い方で買うメリットはないし、
リートなどの積み立てnisaに非該当(今のところ)の銘柄も購入しているので
やっぱり積み立てnisaが始まったら、金融機関を変える方針でいこうと思っています。
松井証券での積立は継続しますけどね。

あれこれ悩みましたが、やっぱりセゾン投信って、僕みたいにあれこれ悩む人に
すごく向いている投信会社だと思うのです。
何しろ毎月自動で銀行口座から引き落とし、
ポートフォリオを考える必要は無く、リバランスも不要(松井証券もリバランス積立はありますし、リバランス自体も超簡単です)、
そして最大のメリットが一見デメリットにも感じる手続きの面倒くささです。
積立額を変えるのもネットでポチッとは行きません。
でもこれがほったらかしで積み立てられる最大のメリットのように感じています。
まぁ、債券が50%ってのがう~~んって感じですが・・・。

信託報酬は今では安く感じなくはなりましたが、資産総額があがればまた安くなっていくでしょう。
セゾン投信に積立nisaを変えるメリットとしては、アクティブファンドの資産形成の達人を買っても税制上の恩恵が得られるという点もあります。

個人的にアクティブファンド、とりわけファンドマネージャーが前面に出て「顔の見える運用」をしているひふみ投信、さわかみファンドのような投信会社の場合、
一般に言われる株価変動リスクなどの他に1つ重要なリスクが含まれていると考えています。(まぁ、考えすぎだとは思うんですけどね)

ファンド・オブ・ファンズの場合、その僕が考えることが万が一起きても、大きな心配は無いのかなぁと。
とか言いつつ、ひふみをiDeCoで積み立てているのはやっぱり成績優秀だからなんですが。。。

あぁ、言っていることとやっていることが支離滅裂だな。

2017年4月22日 (土)

松井証券(投信工房)でまさかのひふみプラス

予想外。
投信ブロガーさんの記事などを読んで、たわらTOPIXの追加などは予想できたものの
アクティブファンドが追加されるとは思わなかった。

そしてカンブリア宮殿出演後大人気のふひみ投信(ひふみプラス)の追加。

iDeCoでひふみ年金を積み立て中なので必要ないといえば必要ないのだけど、
来年導入されるといわれている積み立てnisaのことを考えるとどうなのだろう。

実は積み立てNISA開始後、今の松井証券からセゾン投信に帰るのもアリだなと、考えていたのです。
その理由は後日記すとして。。。

まずはポートフォリオを見直そう。
個人的に一番の注目はたわらNYダウ。

SMTダウ・ジョーンズ インデックス・オープンの信託報酬が高いのが気になっていました。

ひふみを追加するかどうかはまた今度考えよう。

2017年3月 8日 (水)

セゾン投信と投信工房(松井証券)

僕は投資信託初心者です。


昨年個別株を一旦やめて、ほったらかし投資という言葉に惹かれ、セゾン投信で投資信託を始めたのですが、これまで個別株を買っていた松井証券が投信工房を開始。

松井証券でもNISAで投資信託を開始しました。
さらに今年からは確定拠出年金も始めたのですが、素人ながらに気づいたことがあるのです。。。

セゾン投信いらなくない??

ってことに。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドの信託報酬が税込み0.69%(±0.03)に対して、そのポートフォリオに近い配分を投信工房で作ったとすると・・・、

例えば

ニッセイTOPIXインデックスファンド (4%)、
たわらノーロード 先進国株式 (43%)、
たわらノーロード 新興国株式 (5%)、
三井住友・DC外国債券インデックスファンド (43%)、
三井住友・日本債券インデックス・ファンド (8%)

と、こんな感じでしょうか?
(厳密には違うでしょうけど)

(たわら比率が多いのは投信ブロガーの たわら男爵さん の影響)

選んだ銘柄はともかく、これで信託報酬 0.2436%です。
ファンド・オブ・ファンズは高いとは言うものの、松井証券の投信工房でいとも簡単に”それ”を作れて国際分散投資が可能になってしまう以上、なんだかこの信託報酬の差がばかばかしく感じられてしようがありません。。。

だって0.69%って、確定拠出年金のひふみ年金(信託報酬税込み0.8208%)にもうちょっとで匹敵する値ですよね。。。

バンガードってやっぱり良いのだろうか。(よく分かってない)

とりあえず積み立て停止しようかな。