その他

2017年7月24日 (月)

電車に乗るというリスク

最近週末に必要に駆られて電車に乗っているのですが、
座席に座れず立ったまま終着駅に着くこともあります。

最初はそんなに混んでいなくても、徐々に混みだして
他の人と体が触れることもしばしば。。。
学生時代の通学時に経験した満員電車に比べればまだ何てこと無いのですが、
やはり「もし痴漢に間違えられたら」ということを意識すると、
女性と体が接触することにすごく抵抗を感じるのです。

こちらは片手は手すりに、もう片方はバッグを盛っていても
手すりに持っている手に電車が揺れるたび女性の背中が触れたりと。。。

こんなので痴漢!みたいに言われたりしたらどうしよう。
と、不安に駆られます。

こういう場合、こっちも不快に感じているわけで。
お前が俺に触れたんだろうが!と、逆に痴女で訴えたらどうなるんでしょうね。
取り合ってくれるのかな。。。

2017年7月20日 (木)

祝 ひまりちゃん退院!

陰ながら応援していた森川ひまりちゃんが無事、退院されたようです。

うれしい!

ただ、気になるニュースも。。。
きっと、日本では発見できなかった、脳出血の影響なのでしょうか。

本当に、運命はこのご家族にどれほど過酷なのだろうかと思います。

こういう現実を知ると、こういった国際支援の発表があると
イラッとします。1100億円だって。
もちろん、世界の子供たちに救いの手が差し伸べられるのは結構なことだけど、
こういうパフォーマンスに金をかける必要はあるのかな?

税金だよね。

結構昔だけど、森首相時代のサミットで、なぜか小室哲哉がテーマソングを
披露したことを思い出した。
サミットにテーマソング?
税金で?

毎日のように子供が虐待され死亡や重症などのニュースを目にします。
この日本の子供たちにも救いの手を差し伸べて欲しいものですね。
”日本の”政治家の皆さん。

2017年3月26日 (日)

もりかわひまりちゃん帰国!

娘と同じ年生まれ(半年位お姉ちゃん)のひまりちゃん。
陰ながら応援していたのですが、今月16日に無事アメリカから帰国されたようです。
我が事のようにうれしいし、ほっとしました。

ご両親もよく耐えられたなぁと思うと同時に、すぐに募金活動という行動に出た
ご友人を始めとする周囲の方々の行動力、素晴らしいなぁと思います。

残念ながら脳出血の後遺症があるようですが、がんばってリハビリを続けることで
普通の親子の生活、そしてひまりちゃんがこれまでに失った時間
を取り戻せることを心から願っています。